もしかして間違えている?結婚式に呼ばれた時のマナー

>

お箸の文化に

美しい所作の基本

お箸は、利き手があっても、基本は右手で使いましょう。
テーブルに平行に、箸置きなどに渡して置かれているお箸の中央を、指先で上から持ち、次に左手で軽く支え、次に右手をお箸に沿って右側の端まで行き、下側から添えます。
お箸の片方は、右手の親指と人差し指と中指の3本で支えます。
もう片方は右手の親指と人差し指のつけ根辺りに挟んで薬指の先の爪の横辺りで支えます。
人差し指の側面に支えるお箸両方の間隔を数センチ開けるスタイルで、お箸の先端が重なるように持ち、親指と人差し指と薬指の方のお箸片方を上下させて動かせば、小さな豆粒でも容易につかめます。
お茶席などでの、大きな器の菓子器に人数の主菓子が入ってお箸が添えられている場合も同様に、右手で上からお箸をとり、お箸を使って主菓子を自分の懐紙にとります。

お箸は箸置きに

結婚式披露宴などでの日本料理は、一度に一人分ずつ並べられる本膳料理か、順番に運ばれてくる懐石料理などが一般的です。
同じテーブルに臨席する年長の招待客が料理を口にするのを待って、食べ始めるとスマートで失敗がありません。
和食スタイルの披露宴の料理の場合、テーブルの前にそれぞれ置いてある尾頭付きの鯛は、持ち帰り用だと思って手をつけてはいけません。
最後に係の人が引出物と一緒に紙袋に入れてくれます。
和食では、基準は小さいサイズの小鉢や小皿は、お茶碗同様に左手で持ち上げて食べるスタイルでもいいです。
まずお茶碗を両手で持ち上げ、底に左手の薬指と小指で支えて持ちます。
次にお箸を右手で上からとり、左手の他の指で一旦お箸両方を支えている間に、お箸を右手で正しい位置に持ちかえます。
渡し箸はNGですので、お箸は箸置きに置きましょう。


この記事をシェアする